アコム 審査

アコムに実際に申し込みしてみました。審査の流れはこんなかんじ

消費者金融のアコムに実際に申し込みをしてみました。希望額は30万円


まずいろいろあるキャッシングサービスの中でアコムを選んだ理由ですが、ほとんど知名度だけで選びました^^
CMや雑誌などでの広告が多くて、なんとなく安心感があったからです。いくら都道府県・財務省の登録業者でも名前も知らないようなところからお金を借りるのは心配ですからね。

 

早速申し込みをしてみるのですが、審査というと何かすごい面倒なことや、いろんな事を根掘り葉掘り聞かれたり、大変なことを想像する方もいると思いますが、実は非常にシンプルでコチラですることは非常に少ないんですよ。(個人的な感想デス)

 

 

申し込みから審査、利用開始までの簡単な流れはこうです。

パソコン・スマホから申し込み

必要事項を入力します。特に難しい項目は無いのでキャッシングが初めてという方でも問題ありません、10分もあれば入力出来ますよ。

希望極度額というのは、借入枠のことです。ここでは必要な金額を入力すればいいのですが、あまり大きな金額ですとあとで送付する証明書などが増えます。
一概に希望額がいくら以上ということではなくて、少額でも勤務形態や勤続年数、他社借入などにもよるみたいです。
入力漏れが無ければ、次へ進むボタンが押せるようになりますので、ひとますはこれで完了です。

 

メールか電話で連絡があります。
ほどなくすると指定した連絡先にメールか電話で連絡があります。申し込みの入力をした時間帯にもよりますが、私の場合はほんの数分後、携帯にかかってきました。
基本的にはメールでの連絡とのことですが、アコムのほうで確認したい事などがあると電話で連絡があるようです(まあ、ほぼ電話がかかってくると思って置いたほうがいいです)
電話連絡は、携帯・自宅・勤務先の中から指定することが出来ます。
この時、本人の携帯でも、個人名を名乗ってかけてきてくれます。こちらが申し込みの本人と確認出来てから「アコムの○○です」と社名を名乗るので安心です。

 

実際に何を聞かれたか?

 

私の場合は、本人確認(住所と生年月日)と申し込み内容についての確認だけでした。
たしか、この時にアコムマスターカードの誘いもあったと思いますので、クレジット機能もつけたいという方は希望しておくといいですね。
このあと指示された本人確認書類をFAXかアップロードで送付します。郵送でも出来ますが時間がかかるので、アップロードをおすすめします(簡単です)
私の時は運転免許証のみでOKでした。

 

必要書類について
本人確認書類として運転免許証(交付を受けていないお客さまは健康保険証、パスポート)をご用意ください。
※上記書類の住所が現住所と異なる場合、現住所が記載された下記のいずれかの書類もご用意ください。
ただし、確認時に領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限ります。
・公共料金の領収証書(電気、都市ガス、水道、固定電話※、NHKいずれか1つ)
※携帯電話の領収書は不可
・社会保険料の領収証書
・国税、地方税の領収証書・納税証明書

 

また、支払方法に「口座振替(自動引き落とし)」を希望されるお客さまは、
引き落としの口座がわかるものおよびその口座届出印もご用意ください。
なお、お借入総額により、収入証明書
「給与明細書(直近1ヵ月分※)または源泉徴収票など」が必要です。

 

多分この電話の後、職場への在籍確認があります。
在籍確認は必ずあります。
個人名を名乗るので、アコムからの電話とは分からないかと思いますが、心配でしたらある程度なら時間を指定することも出来るようです。
また本人が不在の場合、再度かけ直すようなことはなく、今は本人が不在であるということが確認出来れば大丈夫とのことです。
もちろん本人が直接電話に出てもOKです。本人が出た場合、もしくは他の方が電話に出て、本人に代わった場合は、先ほどと同じく本人確認程度になります(私の場合は住所と生年月日を再び言いました。さっき言ったばっかりなのに・・・)

 

審査結果の連絡

証明書類を送付したあとメールで審査結果の回答があります。ファイルが添付されていますので確認しましょう。

内容について同意すると契約完了です!
今回は希望通り30万円で契約することが出来ました^^

 

カードは後日郵送されてきますが、急ぎの時は会員メニューから振り込みの指示をすれば1分程度で入金してくれます(時間帯によります※1)
すぐにカードで!という方は、契約完了後無人契約機でカードの受け取りも可能です。
※1 楽天銀行 24時間 最短1分で振り込み その他銀行・信用金庫9:00〜14:30分までの振り込み指示で最短1分で振り込み
・申し込みの時に金融機関を入力する箇所があります。

 

アコムのここが使い安かった

お金を借りたら当然返済しなくてはいけないワケですが、ほとんどのキャッシングサービスでは契約時に返済日を指定するのですが、アコムは2通りの返済方法が指定できます。
1つは普通に返済日を指定する方法で、もうひとつは返済日を指定せずに35日ごとに返済する方法です。
どういうことかというと、最後に返済をした日から35日以内に次の返済をするということです。
これだと、最後に返済した日から20後につぎの返済をしてもいいし、30日後でもよいということで、結構気軽に出来るんですね。
もちろん、返済日を指定してきっちり返済するのもいいですが、私の場合自営業で、仕事の入金がいくつかに別れていて、しっかりと給料日というものが無いので、入金があった日にどんどん返済していくスタイルが合っていましたね。
(返済日を指定していても追加の返済は自由に出来ます。)
自分のスタイルに合わせて返済方法が決められるのはいいですよね!

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ